酵素とは?酵素のサプリメントや酵素の効果や1日の摂取量について

酵素とは?
人、動物、植物などあらゆる「生物」に含まれるたんぱく質の一種。体が酵素不足になると太りやすくなったり、シミ&くすみ、疲れや病気の原因になるため、毎日補うことが重要です。

酵素とはたんぱく質の一種。人間の消化&吸収、代謝や運動など、体のあらゆる部分の働きに関わっており、私たちが生きていくためには欠かせない成分です。酵素は人間の体だけでなく、動物や植物などすべての「生物」に存在し、現在確認されているだけでも4000種以上あるといわれています。

このように酵素は人間の生命活動を支えている重要な成分であるため、体内に十分な酵素があると代謝や血液の循環などがスムーズに行われ、健康や若さをキープすることができますが、年齢や偏った食生活などにより酵素が減少してしまうと体に老廃物などがたまりやすくなり、疲れや病気などさまざまなダメージの原因となります。

よく「若い頃より太りやすくなった」という人がいますが、これも酵素不足!代謝が滞ることで脂肪が燃焼しずらくなり、太りやすい体質になるといわれています。また宿便が溜まったり、便秘がちになることも多く、吹き出物やくすみなど肌印象にも影響が・・・。さらに新陳代謝がうまくできなくなるとシミができやすくなったり、血液がドロドロになったりするなど、トラブルを引きおこさないためにも体の中の酵素をしっかり保つことが重要です。酵素は野菜やフルーツ、味噌や納豆などの発酵食品に含まれますが、最近では効果のあるサプリも多いので、毎日の食事などから酵素を補っていくよう意識しましょう。

酵素は消化、代謝、食物の3種類
消化と代謝酵素は人間の体内にある成分。栄養素を消化し、生命活動を支えるだけでなく、デトックスや免疫力にも関わりが。食物酵素は野菜などの食品に含まれ、消化を助けます。

確認されているだけでも約4000種類もある酵素。そのなかで私たちに関わる酵素は消化、代謝、食物の3種類に分けることができます。まず消化酵素人間の体にもともとある成分で食べたものを体が吸収しやすいように消化してくれる酵素です。主にご飯などのたんぱく質を分解するアミラーゼ、お肉などのたんぱく質に関わるプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼがあります。                                       
この消化酵素が分解した栄養素を全身に運び、私たちの生命活動を支えてくれるのが代謝酵素。運動、呼吸、血液の循環、心臓や脳の働きなど、人間が生きていくためのあらゆる「動き」に関わるだけでなく、体の毒素や老廃物を排出してくれるデトックス作用や傷の修復&抗ウイルスなどの免疫力にも重要な働きをしてくれます。この2つの酵素はもともとは一つの体内成分であり、体内活動によって消化と代謝のどちらかの酵素として活動するといわれています。体内酵素としての量は決まっているため、あまり消化に負担がかかりすぎると消化酵素として使われる量が増え、代謝酵素の分が減ってしまうので老廃物が体にたまったり免疫力が低下することに!ですから過度なアルコールや消化の悪い食事を続けると代謝酵素が減少してしまうため、疲れやすくなったり、肌荒れやメタボなどの原因になるのです。
もう一つの食物酵素は人間の体ではなく、野菜やフルーツ、発酵食品などに含まれる成分。食物酵素にはデトックスや腸内環境の改善といったメリットがありますが、消化を助ける働きも。ですから、食物酵素を多く摂ることで体内で使われる消化酵素を減らし、代謝酵素をUPさせる効果が期待され、免疫力向上に役立つともいわれています。

酵素ダイエットでリバウンドなしの痩せ体質に!
食物酵素で溜めない体にすることで便秘やくすみ&シワの改善!冷えや病気などの予防効果も。とくにダイエットは痩せやすい体質にしてくれるので、リバウンド予防にも◎

酵素の主な効果として期待できるのが、食物酵素がもつデトックスや腸内改善作用です。体の中に余分なものが溜まると、太りやすくなったり、便秘、くすみ&シミなどの肌トラブルに加え、冷えや疲れなどの原因に!さらに血液がドロドロになると動脈硬化となり、脳梗塞や心筋梗塞など深刻な病気も引きおこすため、食物酵素で溜めない体にすることで、このようなダメージからしっかりブロックすることができます。近頃は美肌効果が注目され、化粧品にも多く利用されています。

また最近の酵素ブームのきっかけになったのがダイエット効果。酵素が不足すると体に脂肪がつきやすくなり、肥満やメタボの原因にもなりますが、酵素を意識して摂ることで代謝が高まり、痩せやすい体質に!よくカロリーを減らすだけのダイエットだとリバウンドが問題になりますが、体質を変えてしまうことでリバウンドも防ぐことができるので、効果的なダイエット方法といっていいでしょう。とくに3食の食事を酵素のサプリにおきかえるファスティング(断食)ダイエットが人気ですが、栄養を摂りながら健康的に痩せることができるのでGood。ただ、無理は禁物なので最初は1食だけ酵素にするなど、体調をみながら
すすめていきましょう。
他に酵素の効果としてあげられるのが活性酸素への作用。なかでもSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)やグルタチオン、カタラーゼの3種が抗酸化酵素といわれ話題になりましたが、全て体内にある代謝酵素の一種であり、外からの補給が難しいといわれています。海外などではSODが入ったサプリが多く作られていますが、サプリの酵素がうまく体内に吸収され、本来の高いエイジング効果を発揮するかどうかの立証はもう少し先になりそうです。

食物酵素は生で摂ること!
食物酵素は多くの食品に含まれますが、40度でパワーを失うため、サラダなど生で摂ることが必須!ダイエットにはサプリが◎ですが、イソフラボン由来のものは注意が必要。

食物酵素は野菜やフルーツ、納豆や味噌、ヨーグルトといった発酵食品に多く含まれるため、毎日の食事からでも十分に摂取することはできます。
とくに野菜ではキャベツ、ニンジン、セロリ、レタス、大根、タマネギ、トマト、きゅうり、ねぎ。フルーツではパパイヤ、パイナップル、アボカド、キウイ、バナナ、キウイなどに多く含まれているといわれています。どれもポピュラーな食材ですが、注意したいのが調理方法。酵素はとても熱に弱く、約40度でパワーを失ってしまうため、火を通さずに生で食べることが必須!サラダなどで食べるのがベターですが、生野菜を毎日大量に摂り続けることは厳しい・・・という方はジュースなどにするのがおすすめです。また食材に含まれる酵素にはそれぞれ特長があるため、食生活によって食材を選ぶことも効果的!ご飯など炭水化物が多めの方はキャベツや大根、バナナが◎。また肉食派の方はたんぱく質分解酵素が多いパパイアやパイナップル、ダイエットを目指すなら脂肪に強い納豆や味噌、お漬物などの発酵食品が効きます。
また、ダイエットで酵素を摂る場合はカロリーが低いサプリメントがいいでしょう。その場合はそれぞれの摂取目安を守って摂取してください。また、必ず酵素の働きを助けるビタミンBやミネラルも一緒に摂取してください。酵素そのものを摂取する際の副作用はとくにありませんが、味噌や納豆など、大豆を使った発酵食品を摂取する場合は注意が必要。大豆に含まれるイソフラボンを過剰に摂ると、女性ホルモンに影響を与えるといわれています。とくに妊娠中や更年期の女性がイソフラボン由来の酵素サプリを利用する場合は念のため、医師に相談する方がよいでしょう。

類似成分は、プロテイン・アミノ酸

プロテインもたんぱく質です。プロテインは体の筋肉や皮膚などをつくる重要な構成要素であるとともに、血液や酵素の素となる成分でもあります。酵素と同様、プロテインも高いダイエット効果があることで知られていますが、酵素がデトックス作用や代謝を高めて痩せやすい体質にするのに対し、プロテインは運動パフォーマンスを上げてダイエットをサポートする成分。またプロテインには筋肉増強効果もあるため、男性やスポーツをする方からの人気が高く、キレイに痩せたい、運動は苦手・・・という方は酵素を選ぶ傾向にあるようです。
「プロテイン」詳しくはこちら>>
 
 
酵素もプロテインもたんぱく質の一種ですが、そのたんぱく質の素となっているのがアミノ酸です。そのため、生命の素、命の成分ともいわれています。酵素のようにアミノ酸にもたくさんの種類がありますが、とくにたんぱく質をつくる20種類のアミノ酸が栄養補給、筋肉増強、美肌、免疫力UPなどに効果があります。さらに、BCAAやアルギニン、リジン、アラニンといったアミノ酸は筋力や持久力UP、効率的な運動で痩せやすい体質へと変えてくれるので酵素やプロテインとともに強力なダイエット成分としても人気があります。
「アミノ酸」詳しくはこちら>>


 

Page top

美容・コスメ・サプリメントで使用される成分を一挙解説!

Copyright(C)2016 成分辞典. All rights reserved.


[PR]粋を考察・体感し、心に刻む ~IKOTOKI