プロポリスとは?プロポリスのサプリメントやプロポリスの効果や1日の摂取量について

プロポリスとは?
働きバチが自らの巣を守るためにつくった殺菌&抗菌力が強い成分。「天然の抗生物質」といわれ、日本では「癌学会」での発表から一躍ブームに。

プロポリスとは働きバチが自らの巣を守るために唾液と植物の樹脂を混ぜてつくった成分です。ミツバチの巣は厳しい自然のなかで常に病原菌や細菌などにおかされる危険がありますが、プロポリスのおかげで完全な無菌状態に保たれているといわれています。このプロポリスの強いチカラの源となっているのが、抗酸化成分として知られるフラボノイド。フラボノイドには菌を全く寄せ付けないほど、強力な殺菌&抗菌作用があるばかりでなく、免疫力を高めたり、ダメージを修復する優れた機能があるといわれています。

古代エジプトの時代にはすでに防腐剤として使われるなど、プロポリスは古くからはさまざまな用途に利用されていましたが、とくに重宝されていたのは切り傷やヤケドなどへの治療効果。プロポリスは細胞を活性化させるため、傷口に塗っておくと回復が早まるとして中世ヨーロッパではすでに薬として利用されていました。また炎症を鎮めたり、風邪などの症状も抑えることから「天然の抗生物質」ともいわれていたそうです。                      

現在もヨーロッパの一部ではプロポリスは医薬品成分として使われていますが、日本で本格的な研究が始まったのは1985年から。そして1991年に開催された「日本癌学会」でブラジル産のプロポリスに抗腫瘍に関わる成分があると発表されてから、ヘルスケア成分としての注目が一気に高まり、多くのサプリメントに使われるようになりました。

花粉症対策にはプロポリス!強い細胞活性力は口臭予防にも。
プロポリスは花粉症対策としても有効。最近では口臭予防やアンチエイジング、毛髪促進など、エチケットや化粧品成分としての効果も立証されています。

「天然の抗生物質」といわれるほど、高い殺菌&抗菌効果があるといわれるプロポリスですが、現在研究でわかっているだけでもさまざまな効果が報告されています。傷やヤケドへの作用は古くから知られていますが、最近注目されているのが花粉への効果。
花粉症は免疫システムが過剰に反応することで起こるアレルギー症状の一種ですが、プロポリスにはこのようなウイルスをブロックするだけでなく、免疫力を高めるチカラもあるため、有効な花粉症対策になるといわれています。
そしてもう一つ話題になっているのが、口内ケアへの効果。プロポリスには強い殺菌力がありますが、これが口内炎や歯周病、虫歯などの予防や改善にいいというデータがあります。さらにプロポリス入りの歯磨き粉などで口の中を洗浄すれば、口臭の原因となる雑菌や細菌が一掃されるので、エチケット成分として愛用する人も増えているそうです。
今まではサプリメントで使われることが多かったプロポリスですが、近頃は化粧品やヘアケアに利用されることも!プロポリスの主成分であるフラボノイドは優れた抗酸化作用を持つため、肌の若々しさを保ち、シミ・シワの改善などのアンチエイジングに活躍します。またプロポリスの細胞活性力が毛髪促進に効くという研究結果が発表され、薄毛に悩む人たちへのレスキュー成分としての期待も高まっています。さらに、強い殺菌作用はニキビケアにいいといわれ、洗顔石鹸などに配合され、人気を集めています。                                                                                              

抗腫瘍に関わる成分を多く含み、一定の効果が期待。
プロポリスには抗腫瘍に関わる成分が多く含まれるなど、ガン対策に高い期待がもてますが、まだ研究段階。サポート成分としての利用や病気にさせない体作りには◎!

プロポリスが日本で注目されるようになったのは1991年の「癌学会」の発表から・・・ということもあり、プロポリスといえばガン予防と思っている方も多いことでしょう。たしかにブラジル産のプロポリスには抗腫瘍に関わる成分が数多く含まれていることが報告され、その後の研究でブラジル産以外のプロポリスからもガン対策に有効と思われる成分が発見されるなど、一定の改善が見込めるのではないか・・・という期待は日々高まっています。
もともと厳しい環境にあるハチの巣を無菌状態に保つことができるほど、強い殺菌&抗菌作用があるばかりでなく、炎症などを鎮めたり、修復する機能にも優れているため、ガンをつくらせない、増やさない、転移させないなどのパワーがあるものと予想されますが、残念ながらまだ研究段階であり、医薬品として治療に役立てるにはしばらく時間がかかるといわれています。これだけでガン予防&改善というのは難しいですが、抗ガン剤と併用することで症状が良くなったという事例もあり、サポート成分として役立てることはできます。
また、プロポリスには免疫力を高める効果や病原菌やウイルスなどから体を守る防御作用もあるので、サプリメントなどで摂取を続けることでガンなどの重篤な病気にさせない体作りができるでしょう。

プロポリスの1日の摂取量は300㎎を目安に。
プロポリスの過剰摂取はNG!さらなる効果を期待するにはビタミンCとの併用がおすすめ。副作用の報告例もあるので、アレルギーの方や妊娠&授乳中の方は控えてください。

ひとくちにプロポリスといっても、原産地によって含有成分の種類や量などに違いがあるため、そのサプリメントに適した摂取目安量を摂ることがベターですが、サプリで使われているプロポリスならば1日300㎎程度にするのがいいでしょう。他の健康成分と同様、一度にたくさん摂取する・・・というのではなく、毎日決まった量を継続して摂ることがおすすめ。またビタミンCと一緒に摂ると効果がUPするといわれているため、ビタミンCが入ったサプリを併用するか、柑橘系のドリンクなどを飲んだりするのもGOODです。

プロポリスは体に色々な効果を発揮してくれる頼もしい成分ですが、もともとはミツバチの巣に使われていた成分であるため、過剰摂取は禁物!
喘息やアトピーなどアレルギーをもつ方には重い副作用が出たという報告例もあるので、アレルギーがある方の摂取は控える方がよいでしょう。また体がデリケートになっている妊娠中や授乳中の方もNG。肝臓や腎臓に持病がある方も症状が悪化することもあるので、必ず医師に相談してください。

類似成分は、ローヤルゼリー

プロポリスもローヤルゼリーも働きバチによってつくられる健康効果の高い成分ですが、ローヤルゼリーは群れでたった1匹の女王バチだけが食べることができる特別な栄養成分です。高い栄養価を持つローヤルゼリーを食べることで女王バチの体は働きバチの2倍!寿命は何と30倍~40倍になるといわれ、健康維持や長寿に関わる成分として注目されています。とくにローヤルゼリーだけがもつデセン酸は女性ホルモンに似た働きがあり、更年期障害などの予防や改善に活躍します。
「ローヤルゼリー」詳しくはこちら>>


 

Page top

美容・コスメ・サプリメントで使用される成分を一挙解説!

Copyright(C)2017 成分辞典. All rights reserved.


[PR]粋を考察・体感し、心に刻む ~IKOTOKI